Information
2022.5.15 UTokyo Komaba Research Campus Open House
The Institute of Industrial Science (IIS) hold an open house once a year. It's a great opportunity to explore the cutting-edge research being carried out at the University of Tokyo. We open the research institute to share our research activities with experts and the general public. There are symposiums, research lectures, and science classes for elementary and junior high school students. Many laboratories will be open to the public. This year, to take care of COVID-19 infection, the open-house will be held in a hybrid format that combines face-to-face events (reservation in advance) and online.
2021.5.25 Seminar on Road Traffic Noise Model "ASJ RTN-Model 2018" online
Continuing from 2019 and 2020, the Acoustical Society of Japan is planning a seminar for people involved in the practice and research of road traffic noise so that the contents of the prediction model of ASJ RTN-Model 2018 can be widely and deeply understood. This time as well, we will hold it online from the perspective of preventing coronavirus infection. Make to sure to participate.
Schedule: Tuesday, August 23, 2021 9: 00-17: 30
"Guide of ASJ RTN-Model 2018"(explains ASJ RTN-Model 2018 in detail, A4 size, page 282) is distributed from the Acoustical Society of Japan
ASJ RTN-Model 2018 program software
ASJ has developed standard program software for "ASJ RTN-Model 2018".
【Note】: Not all practical noise assessment calculations can be performed. Please use it for checking.
  UTokyo Komaba Research Campus Open House
2021/6/11-2021/6/12 Open House Online
2021.3.22 61st Acoustical Society of Japan Paper Award Sato Award
Relationship between road surface profiles and 1/3 octave band sound power levels of noise of running vehicles, by Miki Yonemura, Hyojin Lee and Shinichi Sakamoto, Acoust. Sci. & Tech., 75, (8) 447-452, 2019.8
  Miki Yonemura received 49th Awaya Award from the Aoustical Society of Japan.
  Marjorie Tomy Takai (D3), Kohei Okubo (M2) and Taiki Fukuda (M1) received Student Presentation Award from Institute of Noise Control Engineering of Japan (INCE/J)
2020.6.1 Miki Yonemura was appointed as a Research Associate.
2020.6.1 Invited review was published on Acoustical Science and Technology.
Shinichi Sakamoto,
Road traffic noise prediction model ''ASJ RTN-Model 2018'': Report of the Research Committee on Road Traffic Noise, Acoust. Sci. & Tech., Vol. 41, No. 3, 529-589, 2020.5
Japanese representative road traffic noise prediction model, "ASJ RTN-Model 2018", which was proposed by the Acoustical Society of Japan in April 2019, was introduced in English.
2020.6.1 Technical Report was published on Acoustical Science and Technology.
Shinichi Sakamoto, Toshio Matsumoto, Osamu Funahashi,
Validation of calculation method of tunnel portal noise in ASJ RTN-Model 2018 by a field experiment, Acoust. Sci. & Tech., Vol. 41, No. 3, 614-621, 2020.5
2020.6.1 Technical Report (Co. author) was published on Acoustical Science and Technology.
Yasuaki Okada, Tomoki Ichikawa, Koichi Yoshihisa, Tomoaki Uemura, Miki Yonemura, Hyojin Lee, Shinichi Sakamoto and Katsuya Yamauchi, Sound power level of road vehicles running on dense asphalt pavement at various sites in Japan, Acoust. Sci. & Tech., Vol. 41, No. 3, 598-606, 2020.5
2020.6.1 Acoustical letter (Co. author) was published on Acoustical Science and Technology.
Yasuaki Okada, Shinichi Sakamoto, Akinori Fukushima, Field measurements of sound power spectrum for predicting road traffic noise, Acoust. Sci. & Tech., Vol. 41, No. 3, 622-625, 2020.5
2020.6.1  A book was published.
音響学講座4 騒音・振動,コロナ社,山本貢平編著(坂本慎一分担執筆),2020.4.13,ISBN 978-4-339-01364-1
2020.3.25  Naoto Tomisugi was awarded Graduate Research Excellence Award from Kanaawa University.
2020.3.25  Miki Yonemura was awarded 建築学専攻長賞 by her doctral thesis.
2020.3.23  Congratulations graduation.
Dr. (Eng.) Akiko Sugahara
Dr. (Eng.) Miki Yonemura
Mr. (Eng.) Takuma Onodera
2019.12.7  A paper was published on The Architectural Institute of Japan’s Journal of Environmental Engineering. https://doi.org/10.3130/aije.84.983
Hyojin Lee, Shinichi Sakamoto, Akiko Sugahara, Yoshiki Ikeda, "STUDY ON SOUND ENVIRONMENT OF RAILWAY STATION BY FIELD SURVEY AND SUBJECTIVE EVALUATION TEST," The Architectural Institute of Japan’s Journal of Environmental Engineering, 84,765,983-992 (2019.11) 
2019.10.17 21 st. Technical Seminar on Acoustics, "New road trafic noise prediction model, "ASJ RTN-Model 2018",
Shinichi Sakamoto (IIS, The Univ. of Tokyo), Yasuaki Okada (Meijo University), Akinori Fukuahima (News Environmental Design Co.), Toshio Matsumoto (Kobayasi Institute of Physical Research), Ken Anai (Fukuoka University)
Osaka venue
   7./11/2019 (Thr)
   Capacity: 60 (including 10 students)
   Venue  : :エル・おおさか Seminar room 2 on 5F
   (3-14, Kitahama-higashi, Chuo, Osaka)

Thanks for your join. Over 140 participants has joined in this seminar held in Tokyo (31/10 at IIS, The Univ. of Tokyo) and Osaka (7/11, L-Osaka).
2019.9.15 An Organized Session on " Road Traffic Noise Prediction Methods" has been structured on ICA 2019, Aachen, Germany. Five presentations were presented from members of the Research Committee on Road Trafic noise, ASJ.
S. Sakamoto, Y. Okada, A. Fukushima, T. Matsumoto, T. Tajika, Road Traffic Noise Prediction Model “ASJ RTN-Model 2018” Proposed by The Acoustical Society of Japan – Part 1: Outline of the calculation model, Proceedings of the 23rd International Congress on Acoustics, 9 to 13 September 2019 in Aachen, Germany, 3690-3695, 2019
Y.i Okada, A.Fukushima, K.Yamauchi, S.Sakamoto, Road Traffic Noise Prediction Model “ASJ RTN-Model 2018” Proposed by The Acoustical Society of Japan –Part 2: Calculation model of sound emission of road vehicles, Proceedings of the 23rd International Congress on Acoustics, 9 to 13 September 2019 in Aachen, Germany, 3696-3703, 2019
A. Fukushima, S. Sakamoto, Y. Yasuda, T. Yokota, Road Traffic Noise Prediction Model “ASJ RTN-Model 2018” Proposed by The Acoustical Society of Japan – Part 3: Calculation model of sound propagation, Proceedings of the 23rd International Congress on Acoustics, 9 to 13 September 2019 in Aachen, Germany, 3704-3711, 2019
K. Anai, T. Matsumoto, T. Yokota, S. Sakamoto, Road Traffic Noise Prediction Model “ASJ RTN-Model 2018” Proposed by The Acoustical Society of Japan– Part 4: Accuracy Verification of a Practical Method for Areas behind Buildings in Urban Districts, Proceedings of the 23rd International Congress on Acoustics, 9 to 13 September 2019 in Aachen, Germany, 3712-3719, 2019
2019.9.4 2019 Autumn annual meeting of the Acoustical Society of Japan (2019. 9.4 - 9.6)
1-8-12 Measurement of sound power levels of free running vehicles in Sao Paulo, Marjorie Takai,Hyojin Lee,Shinichi Sakamoto
2-8-14 低周波数純音性成分を含むノイズのわずらわしさに関する検討:就寝時を想定した聴感評価実験, 米村 美紀,李 孝珍,坂本 慎一
2-P-47 生研公開における研究展示, 坂本 慎一,李 孝珍,菅原 彬子,米村 美紀,タカイ マジョリー
2019.9.1 AIJ Annual Convention 2019 (Hokuriku) (2019.9.3-9.6, Kanazawa Institute of Technology)
40170 携帯端末を用いた騒音分析アプリケーションの開発,大久保滉平,菅原彬子,米村美紀,李 孝珍,坂本慎一
2019.8.1 A paper has been published on the Journal of the Acoustical Society of Japan (in Japanese).
Miki Yonemura,Hyojin Lee,Shinichi Sakamoto,路面性状と自動車のバンドパワーレベルの定量的関係,日本音響学会誌,第75巻,8号,447-452 (2019.8)
 
2019.7.18 ICSV 26 (Montrial)
Akiko Sugahara, Hyojin Lee, Shinichi Sakamoto, Shigeto Takeoka, In-situ measurement of acoustic impedance at oblique incidence by using parametric loudspeaker, Proc. ICSV 26 (Montrial),2019.7.
2019.7.18 Miki Yonemura(D3) has been awarded I-INCE Young Professional Congress Attendance Grants (YP Grants) on inter-noise 2019, Madrid, Spain.
2019.7.18 inter-noise 2019(Madrid)
Shinichi Sakamoto, Hyojin Lee, Miki Yonemura, Sound power level and frequency characteristics of running vehicles on general roads measured at 20 sites in Japan , Proc., inter-noise 2019 (Madrid), 2019.6
2019.7.18 inter-noise 2019(Madrid)
Miki Yonemura, Hyojin Lee, Shinichi Sakamoto, Measurement of masked threshold of low-frequency tones in outdoor and indoor environmental background noise, Proc., inter-noise 2019 (Madrid), 2019.6
2019.7.18 【大学院入試説明会】
東京大学大学院工学系研究科建築学専攻入試説明会は下記の通り開催されました。
日時:6月13日(木)14:00~18:00
場所:東京大学工学部1号館(本郷キャンパス) 15号講義室

 2019.7.18 【生研公開2019】
駒場リサーチキャンパス公開2019は5月31日(金)-6月1日(土)に開催されました。
坂本研は,5月30日(木)のインキュベーションミーティングにも参加しました。

2019.4.3 A paper has been published online.
Akiko Sugahara, Hyojin Lee, Shinichi Sakamoto, Shigeto Takeoka, Measurements of acoustic impedance of porous materials using a parametric loudspeaker with phononic crystals and phase-cancellation method, Applied Acoustics, 152, 54-62 (2019)
2019.4.3 A Technical report was published on the Journal of the Acoustical Society of Japan (in Japanese).
Miki Yonemura,Hyojin Lee,Shinichi Sakamoto,全国20か所の一般道における自動車走行騒音の音響パワーレベル及び周波数特性の測定データ, 日本音響学会誌,75,(4),181-187 (2019.4)
2019.4.3 A new road traffic noise prediction model, ASJ RTN-Model 2018, was published on the Journal of the Acoustical Society of Japan. This model was a fruitful outcome accumulated through research activity in the Research Committee on road traffic noise for five years.
日本音響学会道路交通騒音調査研究委員会(委員長:坂本慎一),道路交通騒音の予測モデル"ASJ RTN-Model 2018"―日本音響学会道路交通騒音調査研究委員会報告―, 日本音響学会誌,75,(4),188-250 (2019.4)
2019.4.3 A regular meeting of Technical Committee on Noise and Vibration was held on 26, March, 2019, at IIS, The Univ. of Tokyo (An-401,402).
1.一般道路における自動車走行騒音の音響パワーレベル-全国各地の密粒舗装での測定データに基づく検討-,岡田恭明(名城大理工)他
2.自動車専用道路における自動車走行騒音のパワーレベル式とパワースペクトル,福島昭則(ニューズ環境設計)他
3.3 次元波動数値解析によるASJ RTN-Model実用計算法の検証-厚みのある障害物での回折について-,〇安田洋介(神奈川大学)他
4.道路交通騒音に及ぼす気象の影響-風の影響による地表面効果および回折補正量の変化に関する波動解析-,〇横田考俊(小林理研)他
5.トンネル坑口周辺部における騒音の予測計算と現場実験の比較,〇坂本慎一(東大生研)他
6.建物群背後における道路交通騒音の実用計算法に関する精度検証-市街地における実測値と計算値の比較-,〇穴井 謙(福岡大)他
7.道路交通騒音の予測モデル“ASJ RTN-Model 2018”の予測精度検証,〇山内勝也(九州大芸工)他
8.自動車専用道路沿道における“ASJ RTN-Model 2018”の予測精度の検証,〇福島昭則(ニューズ環境設計)他
2019.1.25 2019 Spring Meeting of the Acoustical Society of Japan(2019.3.5~3.7,The University of Electro-Communications, Chofu, Tokyo)
Outline of ASJ RTN-Model 2018 has been introduced in a Special Session (Technical committee on Noise and Vibration)

2-7-1 (Invited lecture)道路交通騒音の予測モデル“ASJ RTN-Model 2018”-2018 年版モデルの概要- ○Shinichi Sakamoto (IIS, The Univ. of Tokyo) et. al.
2-7-2 (Invited lecture)道路交通騒音の予測モデル“ASJ RTN-Model 2018”-音響パワーレベル- ○Yasuaki Okada (Meijo Univ.) et. al.
2-7-3 (Invited lecture)道路交通騒音の予測モデル“ASJ RTN-Model 2018”-伝搬計算方法- ○Akinori Fukushima (NEWS Enivronmental Design Inc.) et. al.
2-7-4 (Invited lecture)道路交通騒音の予測モデル“ASJ RTN-Model 2018”-建物群背後の騒音の計算方法- ○Ken Anai (Fukuoka Univ.) et. al.
2-7-5 (Invited lecture)道路交通騒音の予測モデル“ASJ RTN-Model 2018”-予測精度-○Katsuya Yamauchi (Kyushu Univ.) et. al.
2019.1.25 Akiko Sugahara(D1) was awarded 2018年度日本建築学会大会学術講演会環境工学部門若手優秀発表賞 from the Architectural Institute of Japan.
2018.10.18 2018 Autumn annual meeting of the Institute of Noise Control Engineering (INCE-J) (10.13~10.14,Kanagawa university, Yokohama
 Shinichi Sakamoto,さいたま市内における交通騒音の暴露量再推計の試み
 Miki Yonemura,一般道における自動車走行音パワーレベルの実測調査
            ―音響パワーレベルと路面性状の関係―
 Akiko Sugahara,パラメトリックスピーカを用いた斜入射吸音率の現場測定
2018.9.21  AIJ Annual Convention 2018 (Tohoku) (9.4~9.6,Tohoku University, Sendai)
 Akiko Sugahara,パラメトリックスピーカを用いた材料音響特性のin-situ測定
 Hyojin Lee,実測による駅コンコースの音環境調査および案内放送の聴感評価実験
 Shinichi Sakamoto,路面の違いによる自動車走行騒音の差異に関する実測調査
 Miki Yonemura,路面の違いによる自動車走行騒音の差異に関する聴感評価実験
 Marjorie Takai, Automatic power level estimation of running vehicles by using video camera and microphone
2018.9.21 2018 Autumn annual meeting of the Acoustical Society of Japan (9.12~9.14,Oita University, Oita).
 Akiko Sugahara,パラメトリックスピーカを用いた多孔質材料の斜入射吸音率の測定
 Miki Yonemura,路面性状と自動車走行音パワーレベルの関係に関する検討
 Takai Marjorie,Field survey on automatic power level estimation of running vehicles
2018.8.8 Prof. Sakamoto made a lecture on TECHNO-EDGE 2018 held in Hongo campus.
2018.6.11 【大学院入試説明会】
東京大学大学院工学系研究科建築学専攻入試説明会が下記の通り開催されます。
日時:6月14日(木)14:00~18:00
場所:東京大学工学部1号館(本郷キャンパス) 15号講義室

 2018.6.8 【生研公開2018】
駒場リサーチキャンパス公開2018は6月8日(金)-6月9日(土)に開催されました。

 2018.6.8 2018年(公社)日本騒音制御工学会総会(2018.5.30)において,米村美紀さん(D2)佐々木奏子さん(OG・2018.3修士卒)が研究奨励賞を受賞しました。

 2018.6.8  【日本騒音制御工学会2018年春季研究発表会】
2018年4月19日(木)
深川江戸資料館小劇場において日本騒音制御工学会2018年春季研究発表会が開催されました。ノイズマップ分科会のOS(オーガナイズドセッション)が開催されました。

2018.3.15  【日本音響学会2018年春季研究発表会】
2018年3月13日(火)~16日(木)
日本工業大学宮代キャンパスにおいて日本音響学会2018年春季研究発表会が開催されました。
佐々木他,低周波数領域に含まれる卓越した純音成分がわずらわしさ評価に及ぼす影響
米村他,低周波数純音のマスキング閾値に関する聴感実験
坂本他,ASJ RTN-Model 2018作成に向けた検討経緯


2018.3.15 論文が掲載されました。
坂本慎一,トンネル坑口からの音響放射に関する縮尺模型実験,日本音響学会誌,第74巻,2号,63-71,2018.2
Jing Zhao, Ming Bao, Xiaolin Wang, Hyojin Lee, and Shinichi Sakamoto, An equivalent fluid model based finite-difference time-domain algorithm for sound propagation in porous material with rigid frame, Journal of the Acoustical Society of America, Vol. 143, 130-138, 2018.1


 2017.11.28 米村美紀さん(D1)が一般社団法人・日本建築学会より2017年度日本建築学会大会学術講演会環境工学部門若手優秀発表賞を受賞しました。

2017.11.06 日本騒音制御工学会第108回講習会「低周波音の基礎と実習・体験」が2017年12月1日に東京大学生産技術研究所で開催されました。

2017.11.06 【日本騒音制御工学会2017年秋季研究発表会】
2017年11月16日(木),17日(金)
東京電機大学東京千住キャンパスにおいて日本騒音制御工学会2017年秋季研究発表会が開催されました。
米村他,定常ノイズに混在する低周波数純音の可聴度に関する聴感実験
佐々木他,低周波数領域の純音成分を含む騒音の大きさ感に関する聴感実験

2017.10.21 日本音響学会第158回技術講習会音響・振動における FDTD 法の基礎と応用が2017年10月19日,20日に東京大学生産技術研究所で開催されました。

2017.9.29 日本音響学会I2017年秋季研究発表会(愛媛大学)で研究発表を行いました。
菅原他,パラメトリックスピーカを音源とした建築音響特性の計測における超音波の低減に関する検討>
李他,音性能を考慮したスピーチプライバシーのための音声了解度評価に関する検討
坂本,トンネル坑口からの音響放射に関する数値解析

2017.9.6 I2017年度日本建築学会大会(広島工業大学)で研究発表を行いました)。

2017.8.30 Inter-Noise 2017 Hong Kongで研究発表を行いました。

2017.3.24 坂本研究室 特任研究員募集(環境省戦略指定研究における実験に従事して下さる研究員を募集しています)

2017.3.24 李孝珍さん(特任助教)が一般社団法人・日本音響学会より第41回粟屋 潔学術奨励賞を受賞しました。

2017.3.24 大川情報通信基金 2016年度研究助成をいただきました。3月1日に行われた研究助成贈呈式に出席いたしました。

2016.8.10 テクノエッジ(丁友会主催)講演しました。

2016.6.13 菅原彬子さん(M2)が一般社団法人・日本音響学会より第13回学生優秀発表賞を受賞しました。

2016.6.13 趙 静さん(D3)が公益社団法人・日本騒音制御工学会より研究奨励賞を受賞しました。(授賞日は2016年5月30日)
 2016.6.13 【駒場リサーチキャンパス公開】
6月3日(金)と6月4日(土)に、生産技術研究所の公開が行われました。たくさんの皆さんのご来場ありがとうございました。

2016.2.29 波の可視化プログラムマニュアルを更新しました。
2016.2.24 波の可視化プログラムを更新しました。800x600 1280x800 1920x1080 bitmap_sample
2016.2.24 2016年日本音響学会春季研究発表会で発表しました。
2015.8.12 音響学会誌に記事が掲載されました。坂本慎一坂本慎一,[やさしい解説] 差分法を用いた道路騒音の予測, 日本音響学会誌71巻8号,390-396, 2015.8.

2015.8.12 波動伝搬のリアルタイム可視化プログラムを公開します(右のアニメーションの下。画面サイズにより3種類あります。小さい方が早く動きます)。
2015.6.22 高校生のための金曜特別講座
6月19日(金)に東京大学教養学部で開催されている「高校生のための金曜特別講座」に出講しました。高校生だけでなく一般の方にも多数ご参集いただき,ありがとうございました。講義中
2015.6.16 日本騒音制御工学会第96回技術講習会「騒音・振動技術の基礎と測定実習」が6月11日(木),12日(金)に東京大学生産技術研究所で開催されました(開催済)
公益財団法人日本騒音制御工学会の技術講習会は,  
東京大学生産技術研究所を会場に開催されています。
(開催実績)

2015.6.8 【駒場リサーチキャンパス公開】
6月5日(金)と6月6日(土)に、生産技術研究所の公開が行われました。760名余りの皆様にデモンストレーションをご覧いただきました。たくさんの方々にご来場頂き,ありがとうございました。
poster
2015.3.5 Acoustical Science and Technology に道路交通騒音の予測モデルASJ RTN-Model 2013の英語版が掲載されました。
Shinichi Sakamoto, Road traffic noise prediction model ``ASJ RTN-Model 2013'': Report of the Research Committee on Road Traffic Noise. Acoust. Sci. & Tech,Vol. 36, No. 2, 49-108 (2015)


2015.3.5 Acoustical Science and Technology にTechnical reportが掲載されました。
Shinichi Sakamoto, Toshio Matsumoto, Sakae Yokoyama, Osamu Funahashi, Improvement of energy-based calculation method for noise radiation from semi-underground road based on a field experiment Acoust. Sci. & Tech,Vol. 36, No. 2, 126-134 (2015)

2015.3.5 Acoustical Science and Technology に横山栄さんのTechnical reportが掲載されました。
Sakae Yokoyama, Shinichi Sakamoto, Sohei Tsujimura, Tomohiro Kobayashi, Hideki Tachibana, Loudness experiment on general environmental noises considering low-frequency components down to infrasound, Acoust. Sci. & Tech,Vol. 36, No. 1, 24-30 (2015)

2014.9.24 Journal of the Acoustical Society of America に朝倉巧さんのPaperが掲載されています。
Prediction of low-frequency structure-borne sound in concrete structures using the finite-difference time-domain method, T. Asakura, T. Ishizuka, T. Miyajima, M. Toyoda and S. Sakamoto, J. Acoust. Soc. Am. 136, 1085 (2014)

2014.9.24 Springerより書籍が出版されました。
Tetsuya Sakuma, Shinichi Sakamoto, Toru Otsuru eds. Computational simulation in architectural and environmental acoustics, Springer, Tokyo, ISBN 978-4-431-54453-1, 2014.9.1

2014.9.24 Acoustical Science and Technology にTechnical reportが掲載されました。
Shinichi Sakamoto, Sakae Yokoyama, Hiroo Yano, Hideki Tachibana, Experimental study on hearing thresholds for low-frequency pure tones, Acoust. Sci. & Tech.,Vol. 35, No. 4, 213-218 (2014)

2014.5.14
Award
林 碩彦君(D3)が公益社団法人・日本騒音制御工学会より研究奨励賞を受賞しました。(授賞式は2014年5月30日です)

2014.5.14 Acoustical Science and Technology にPaperが掲載されました。
T. Asakura, T. Ishizuka, T. Miyajima, M. Toyoda, and S. Sakamoto, Finite-difference time-domain analysis of structure-borne sound using a plate model based on the Kirchhoff-Love plate theory, Acoust. Sci. & Tech, Vol. 35, No. 3, 127-138 (2014).
T.Asakura, T. Ishizuka, T. Miyajima, M. Toyoda, and S. Sakamoto, Vibration analysis for framed structures using the finite-difference time-domain method using the finite-difference time-domain method based on the Bernoulli-Euler beam theory, Acoust. Sci. & Tech., Vol. 35, No. 3, 139-149 (2014).

2014.3.25 Acoustical Science and Technology にAcoustical letterが掲載されました。
Shuo-Yen Lin, Sohei Tsujimura, Sakae Yokoyama, Shinichi Sakamoto, Improvement of sound transmission loss of double-layer wall by using vibration absorber, Acoust.Sci. & Tech., 35, (2),119-121, 2014.3

2014.3.25 日本建築学会技術報告集に技術報告が掲載されました。
李孝珍,上野佳奈子,坂本慎一,"調剤薬局におけるスピーチプライバシーの改善事例に関する実験的検討," 日本建築学会技術報告集,第20巻,第44号,165-168, 2014.2

2013.11.25 11/23-25駒場祭に出展しました。

2013.9.9 日本音響学会誌に記事が掲載されました。
小特集―道路交通騒音の低減に向けて― 坂本慎一, 道路交通騒音の伝搬対策とその効果予測, 日本音響学会誌, 第69巻9号, 514-518


2013.7.5 Acoutic Science and Technologyにpaperが掲載されました。
Improvement of sound insulation of doors or windows by absorption treatment inside the peripheral gaps (Takumi Asakura and Shinichi Sakamoto)


2013.9.9 日本建築学会環境系論文集に論文が掲載されました。
李孝珍, 上野佳奈子, 坂本慎一, 病院の診察室におけるプライバシー感の評価方法に関する検討, 日本建築学会環境系論文集, Vol. 78 (2013) No. 689, 543-550, 2013.7


2013.9.9 日本建築学会環境系論文集に論文が掲載されました。
中島章博, 横山栄, 辻村壮平, 田中亜美, 司馬義英, 坂本慎一, 音楽練習室に求められる環境性能に関する研究, 日本建築学会環境系論文集, Vol. 78 (2013) No. 688, 453-459, 2013.6


  騒音制御に技術資料が掲載されました。
横山栄, 橘秀樹, タイヤトレッドパターンのデザインによる車内音の改良, 騒音制御, 第37巻3号, 142-145


2013.7.05 騒音振動研究会
日時:8月19日(月)10:00-17:20
場所:九州大学芸術工学部

2013.7.05 騒音振動研究会
日時:7月25日(木)13:30-17:50
場所:関西大学千里山キャンパス


2013.4.10 【駒場リサーチキャンパス公開】
5月31日(金)と6月1日(土)に、生産技術研究所の公開が行われました。たくさんの皆さんのご来場ありがとうございました。

2013.5.10 騒音振動研究会(山田朋枝君が発表いたしました)
日時:6月28日(金)13:00-17:15
場所:小林理学研究所


2013.5.10 建築音響研究会(中島章博君が発表いたしました)
日時:6月21日(金)13:30-16:25
場所:小林理学研究所


2013.4.10 騒音制御に技術資料が掲載されました。
低周波性騒音に関する聴感実験設備 (特集 音響実験における様々な設備・装置)

2013.1.10 Acoustical Science and Technologyにレターが掲載されました。
Finite-difference time-domain analysis of structure-borne sound using a plate model (Takumi Asakura, Takashi Ishizuka, Tohru Miyajima, Masahiro Toyoda, Shinichi Sakamoto)

2012.12.28
学  会
【日本音響学会2013年春季研究発表会】
2013年3月13日(水),14日(木),15日(金)
の日程で東京工科大学八王子キャンパスにおいて日本音響学会2013年春季研究発表会が開催されました(開催済み)。(研究室から横山,中島が発表しました) 
 
2012.12.28 1月15日に中島章博君の博士論文発表会が行われました。
場所:東京大学工学部一号館15号講義室(本郷キャンパス)
時間:18:00~20:00(発表60分,質疑60分)

2012.12.28 仕事納め (12/26大掃除後に忘年会
今年一年間、大変お世話になりました。
2012.12.5 音響学会誌に論文が掲載されました。
サブグリッド法を適用した時間領域差分法による音響解析(朝倉巧・坂本慎一)

2012.12.5 騒音制御に記事が掲載されました。
【解説】防音壁の遮音性能に対する隙間漏洩音および躯体等価音の影響(朝倉巧,坂本慎一)

2012.9.10
学  会
【日本音響学会秋季研究発表会】
9月19日(水)~21日(金)
の日程で信州大学において日本音響学会2012年秋季研究発表会が開催されました(開催済み)プログラムが公開されています。  

2012.9.10
学  会
【日本騒音制御工学会秋季研究発表会】
9月5日(水),6日(木)
の日程で日本大学駿河台キャンパス1号館において日本騒音制御工学会2012年秋季研究発表会が開催されました(開催済み)。(研究室から横山が発表しました) 

2012.9.10 日本音響学会誌第68巻8号(2012年)に小特集記事が掲載されました。
やさしい解説―残響時間の測定における注意点(横山 栄)

2012.6.4 チュートリアル「音環境の数値シミュレーション」第2回 波動音響解析の環境音響問題への適用
を7月17日(火)に開催(東京大学生産技術研究所大セミナー室)しました。
2012.6.4 【駒場リサーチキャンパス公開】
6月1日(金)と2日(土)に、研究所の公開が行われました(開催済)
【お礼】沢山の皆様にご来場いただき、ありがとうございました。
2012.5.11 チュートリアル「音環境の数値シミュレーション」 第1回 波動音響解析の技法
を5月22日に開催(東京大学生産技術研究所大セミナー室)しました

2012.3.27  Acoustical Science and Technology誌にAcoustical Letterが掲載されました。
Csaba Huszty, Shinichi Sakamoto, A note on the definition of signal-to-noise ratio of room impulse responses, Acoustical Science and Technology,Vol. 33, No. 2, 117-120, 2012.3
 2012.1.28 日本建築学会より「音環境の数値シミュレーション―波動音響解析の技法と応用―」が刊行されました。
 2012.1.28
学  会
【日本騒音制御工学会春季研究発表会】
2012年4月24日(火)
に 産業技術総合研究所 臨海副都心センターにて日本騒音制御工学会2012年春季研究発表会が開催されました(開催済み)。(研究室から横山,坂本が発表。プログラム
 2011.12.7
学  会
【日本音響学会春季研究発表会】
2012年3月13日(火)~15日(木)
の日程で神奈川大学において日本音響学会2012年春季研究発表会が開催されました(開催済み)
2011.9.28 日本音響学会誌に論文が掲載されました。
Takumi Asakura and Shinichi Sakamoto, Finite-difference time-domain analysis on leak transmission characteristics of narrow gaps, Acoustical Science and Technology, Vol. 32, No. 5 .182-193
 
2011.8.16
講習会
日本音響学会第116回技術講習会「音響・振動における FDTD 法の基礎と応用」2011年10月5日,6日に東京大学生産技術研究所で開催されました(開催済み) 
2011.8.16
学  会
【日本音響学会秋季研究発表会】
9月20日(火)~22日(木)
の日程で島根大学において日本音響学会2011年秋季研究発表会が開催されました(開催済み)プログラムが公開されています。(研究室から高橋,中島(章),李,坂本が発表しました)  
2011.8.16
学  会
【日本騒音制御工学会秋季研究発表会】
9月15日(木),16日(金)の日程で芝浦工業大学豊洲キャンパスにおいて日本騒音制御工学会2011年秋季研究発表会が開催されました(開催済み)。(研究室からの発表はありません) 
2011.8.16 【関東音響系合同ゼミ】
9月12日(月)に開催される関東音響系合同ゼミに参加しました。(このゼミは、関東にある建築音響分野の研究室(9大学)が合同で行っているものです)
 
2011.8.16 9月12日に騒音制御工学会特別講演会が東京大学生産技術研究所大会議室で開催されました(開催済み) 
2011.8.16 【国際講演会:スピーチプライバシー】
9月8日(木)
にヤマハエレクトーンシティ渋谷において日本音響材料協会主催の国際講演会が開催されました(開催済み)。詳しい情報はこちらをご覧ください。
 
2011.8.16
国際会議
【Inter-Noise 2011 in OSAKA】
9月4日(日)~7日(水)の日程で大阪国際会議場Grand-Cube OSAKAにおいてInter-Noise 2011(国際騒音制御工学会)が開催されました(開催済み)。ウェブサイトはこちらです。(研究室から李,フスティ,横山,坂本が発表します)
2011.8.16
学  会
【建築学会2011年度大会】
8月23日(火)~25日(木)
の日程で早稲田大学において日本建築学会2011年度大会が開催されました(開催済み)。環境工学Ⅰのセッションで辻村,中島(章),高橋,星野,中島(和)が発表しました。
2011.7.6 日本音響学会誌第67巻7号(2011年)に小特集記事が掲載されました。
小特集―音響分野で活用される時間領域有限差分(FDTD)法―
「ホール内音響伝搬のシミュレーション」(坂本執筆)
2011.7.6
Award
Forum Acusticum 2011に出席しました(Huszty,坂本)。
本会議で
Huszty Csaba君(博士課程3年)Best Paper and Presentation Awardを受賞しました。
2011.6.8 【駒場リサーチキャンパス公開】  
6月3日(金)と4日(土)に、研究所の公開が行われました
(開催済み)
坂本研究室もC棟1階音響実験室でデモンストレーションを交えて最近の研究成果を発表しました。 内覧日の2日(木)を含めて、275名(+高校生多数)もの多くの皆様にご来場いただきました。たくさんの方にご訪問いただきありがとうございました。当日の様子はこちらです。
2011.5.29
講習会
日本音響学会第19回音響技術セミナー「道路交通騒音の予測モデル"ASJ RTN-Model 2008"と建設工事騒音の予測モデル"ASJ CN-Model 2007"」が7月27日(水)~7月29日(金)に東京大学生産技術研究所で開催されます。 
2011.5.29
講習会
日本騒音制御工学会第78回技術講習会「騒音・振動技術の基礎と測定実習」が6月16日(木),17日(金)に東京大学生産技術研究所で開催されました(開催済み) 
2011.5.21
Award
朝倉巧さん(OB・現清水建設・2008年博士卒)が公益社団法人・日本騒音制御工学会より守田栄論文賞を受賞しました。 
2011.5.21
Award
豊田恵美さん(OG・現小林理学研究所・2001年修士卒)が公益社団法人・日本騒音制御工学会より研究奨励賞を受賞しました。 
2011.5.21
Award
Huszty Csaba君(D3)が公益社団法人・日本騒音制御工学会より研究奨励賞を受賞しました。 
2011.4.1 日本音響学会騒音・振動研究会が東京大学生産技術研究所にて開催(3月25日(金))される予定でしたが、東日本大震災による東京の電力事情、交通事情に配慮して延期され、4月18日(月)に開催されました(開催済) 
Award
2011.4.1
鹿野洋君(2011.3修士了)工学系研究科長賞を受賞しました。本賞は,同君が修士課程在学期間に行った研究に対して授与されたものです。 
2011.4.1
学  会
日本音響学会2011年春季研究発表会早稲田大学西早稲田キャンパスで開催されました(開催済)(2011.3.9(水)~2011.3.11(金)) 
2010.12.6
国際会議
INTER-NOISE 2011は2011年9月4日~7日に大阪国際会議場(OICC/Grand Cube OSAKA)で開催されます。internoise 2011 Websiteをご覧ください。
原稿締め切りは6月1日です。
 
2010.12.6
講習会
日本音響学会第113回技術講習会音の心理学的測定法講座が2010年11月24日~25日に東京大学生産技術研究所で開催されました(開催済)。多数のご参加ありがとうございました。 
2010.12.6
講習会
日本音響学会第112回技術講習会ディジタル信号処理の基礎が2010年11月11日~12日に東京電機大学神田キャンパスで開催されました(開催済) 
2010.12.6
講習会
日本騒音制御工学会第75回技術講習会「航空機騒音と鉄道騒音の測定・評価マニュアルの解説と測定方法の実習」が東京大学生産技術研究所にて開催(2010.11.4(木),5(金))されました(開催済)多数のご参加ありがとうございました。 
2010.12.6
講習会
日本音響学会第111回技術講習会「音響・振動における FDTD 法の基礎と応用」2010年10月28日~29日に東京大学生産技術研究所で開催されました(開催済)多数のご参加ありがとうございました。 
2010.8.20
学  会
日本音響学会2010年秋季研究発表会(関西大学千里山キャンパス)が開催(2010.9.14(火)~2010.9.16(木))されました(開催済)(フスティ,李,鹿野が発表しました) 
2010.7.12 日本音響学会・第12回サマーセミナー「音響学の基礎と最近のトピックス」が開催(2010.8.1(日)~2010.8.3(火))されました(開催済)。(学生・若手研究者向け合宿形式のセミナーです.太田・坂本が建築/環境音響の講義を行いました. 
2010.7.12
講習会
第18回音響技術セミナー「道路交通騒音の予測モデル "ASJ RTN-Model 2008" と建設工事騒音の予測モデル "ASJ CN-Model 2007"」を2010年7月26日~28日に東京大学生産技術研究所で開催しました(開催済) 
2010.7.12 音響技術Vol. 39, No. 2に記事を執筆しました
<特集>音響設計の基礎
「音の基礎知識」 坂本慎一
「吸音率の測定方法」 坂本慎一
 
2010.7.12
国際会議
nter-noise 2010 (2010年国際騒音制御工学会・Risbon)に出席しました(横山,坂本が発表)。 
2010.6.9 騒音制御に論文が掲載されました。
朝倉巧 他,高遮音性能を有するダクト型換気システムの開発,騒音制御34巻3号, 249-259, 2010.6
日本音響学会誌に論文が掲載されました。
小林 千尋, 横山 栄, 矢野 博夫, 橘 秀樹, 在来鉄道騒音の音源特性のモデル化, 日本音響学会誌第66巻6号, 257-264, 2010.6
2010.6.7 生研公開2010(駒場リサーチキャンパス公開)が開催(2010.6.4(金),5(土))されました(開催済)。たくさんの方にご訪問いただきありがとうございました。当日の様子はこちらです。 
Award
2010.5.26
鹿野洋君(修士課程2年)が2010年日本音響学会春季研究発表会で行った発表が第1回学生優秀発表賞に選定されました。 
2010.5.13 生研公開2010(駒場リサーチキャンパス公開)が開催(2010.6.4(金),5(土))されます。一般公開の前日(6月3日(木))にはプレオープニングが開催されますが、事前申し込みが必要です。坂本研究室の出展概要はこちら 
2010.5.13 日本音響学会第18回音響技術セミナー「道路交通騒音の予測モデル "ASJ RTN-Model 2008" と建設工事騒音の予測モデル "ASJ CN-Model 2007"」を東京大学生産技術研究所で開催(2010年7月26日~28日)します。詳細は日本音響学会ホームページをご覧ください。 
2010.5.13 日本音響学会第110回技術講習会「強力超音波の基礎と応用」が全国家電会館で開催(2010年7月8日)されます。詳細は日本音響学会ホームページをご覧ください。 
2010.5.13 日本音響学会第109回技術講習会「音源定位と音源分離の基礎」が全国家電会館で開催(2010年6月17日,18日)されます。詳細は日本音響学会ホームページをご覧ください。 
2010.5.13 日本騒音制御工学会第74回技術講習会「騒音・振動技術の基礎と測定実習」が東工大にて開催(2009.6.24(木),25(金))されます 
Award
2010.3.19
日本音響学会において、朝倉巧君(東京大学特別研究員・現清水建設)第27回粟屋潔学術奨励賞を受賞しました。 
Award
2010.3.19
日本音響学会において、坂本慎一准教授第1回環境音響研究賞を受賞しました。 
2010.1.4 Acoustical Science and Technologyに論文が掲載されました。
<Special issue on road traffic noise prediction method>
"Development of energy-based calculation methods of noise radiation from semi-underground road using a numerical analysis," Shinichi Sakamoto
本号にはASJ RTN-Model 2008の英語版が掲載されています。
 
2010.1.4 音響技術Vol. 38, No. 4に記事を執筆しました
<特集>最近の数値解析技術と可視化・可聴化
「壁体の遮音性能に関するFDTD解析」朝倉巧,坂本慎一
 
2009.11.14 日本音響学会アコースティックイメージング/騒音・振動研究会が東京大学生産技術研究所にて開催(11月13日(金))されました(開催済) 
2009.10.5 研究テーマ「遮音のシミュレーション」を追加 
2009.10.1 日本騒音制御工学会第72回技術講習会「騒音対策の基礎と考え方」が東工大・百年記念館にて開催(11月4日(水),5日(木))されました(開催済) 
2009.10.1 日本音響学会2009年秋季研究発表会・郡山に出席しました(大谷,, Huszty(音楽音響), Huszty(建築音響)が発表)。 
Award
2009.8.31
inter-noise 2009において、Csaba Huszty君(博士課程1年)INTERNOISE 2009 STUDENT PAPER PRIZE を受賞しました。 
2009.8.31 inter-noise 2009 (2009年国際騒音制御工学会・Ottawa)に出席しました(大谷,, Huszty, 朝倉, 横山,坂本が発表)。 
2009.6.29 滝の音(Fall sound)を追加。こちらへどうぞ。 
2009.6.9 生研公開2009で発表したポスターです。こちら。発表の様子を追加(6.12)。 
2009.6.3 橘秀樹先生(東京大学名誉教授)が音響学会名誉会員になられました(2009.5.18音響学会総会にて)。  
   
2011.7.6 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻における大学院入試説明会が下記の通り行われました(開催済み)。
日時 平成23年6月16日(木) 午後1時~6時(第1回)
    平成23年6月30日(木) 午後1時~6時 (第2回)
場所 東京大学(本郷キャンパス)工学部1号館 15号講義室
 
2009.7.17 日本音響学会2009年秋季研究発表会(日本大学工学部)が開催(2009.9.15(火)~2009.9.17(木))されました(開催済)。ビギナーズセミナー(第1日目夕方)で坂本が講義を行いました(「建築音響の基礎理論:音を生かす・音を抑える空間のつくり方」 
2009.7.17 日本音響学会・第12回サマーセミナー「音響学の基礎と最近のトピックス」が開催(2009.7.30(木)~2009.8.1(土))されました(開催済)。(学生・若手研究者向け合宿形式のセミナーです.坂本が建築音響/騒音の講義を行いました. 
2009.7.17 九州大学大学院・人間環境学府集中講義「建築環境学最先端特別講義」(終了)(2009.7.23(木)~2009.7.24(金))
2009.5.21 日本音響学会第17回技術セミナー「新しい道路交通騒音の予測モデル "ASJ RTN-Model 2008」が東京大学生産技術研究所で開催(2009.7.22(水))されました(開催済) 
2009.6.3 先進モビリティ研究センター設立記念シンポジウムが開催されました(6月11日)(開催済) 生研公開に多数お越しいただきありがとうございました。2日間で約500名の方に音響実験室を見学いただきました(開催済) 
2009.6.3
2009.5.21 生研公開2009(駒場リサーチキャンパス公開)が開催(2009.5.29(金),30(土))されました(開催済)。坂本研究室の出展概要はこちら 
2009.5.21 日本騒音制御工学会第70回技術講習会「騒音・振動技術の基礎と測定実習」が東工大にて開催(2009.7.2(木),3(金))されました(開催済)